屋号『地球知足』

農家になった時に、屋号は何にしようかあれこれ考えた。

そして、何となく固まってきた。

元になっているのは、京都の龍安寺のつくばいに刻まれている四文字。

吾唯足知

「吾れ唯だ足るを知る」

に影響を受けている。

そして、「時給自足」の言葉の響きをアレンジして、

『地球知足』

欲望を無限に膨らませてはならない。

「貧しい人」とは何も持ってない人ではなく、多くを持ちながら、まだまだ欲しい、と満足できない人のこと。

「知足」いい言葉ですね。

地球には、必要なものは全て足りていることを知る。

そんな農業や生き方を実現していきたい。

ちなみにロゴのイメージは、こんな感じ。

ササッとイメージを描き上げただけですが。

屋号に込めた想いと、現段階でのロゴのイメージ画でした。

2017年6月19日の日記より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です