マルチ張り

使用後にゴミになってしまうので、なかなか使う気になれずにここまできてましたが、草管理に要する時間と、農作業に費やせる時間と、メインの水稲栽培にかかる時間と…

様々な要素を考慮して、今回の秋冬栽培から、黒マルチを初めて導入してみました。

土づくりは、1年2年でできるものでもないので、自分の知識と経験を積むためにも、マルチなしの栽培も引き続き実践していきます。

やはり草管理にかかる労力は、なかなかのものです。

家庭菜園で、自家消費用の範囲内でやるのであれば、とことん自分のこだわりを追求しても良いと思うのですが、農家として販売も視野に入れた時、可能性を模索するのは大事なことだと思います。

経験ゼロのド素人なら、なおさら。

栽培方法、収量、販売額、あらゆる要素で合格ラインを設定して、最低限の結果はクリアしつつ、こだわれる部分を徐々に増やしてレベルアップしていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です