自然栽培稲ワラ

お米栽培の修行一年目、収穫作業がひと段落しました。

「奇跡のリンゴ」で有名な木村秋則さん

初年度だったので、例年がどんなものなのか分からないのですが、今年の石川県の水稲栽培は、非常に厳しい結果になってしまったようです。

近年稀に見る不作の年、、、

通常、コンバインで収穫すると、稲ワラは裁断されて圃場に排出されるのですが、余裕が出来たら藁仕事に挑戦してみたかったので、稲ワラを確保しておきました。

ビニールハウス内で乾燥

10月末〜11月上旬には、大豆を収穫する予定なので、無事収穫できたら、稲ワラ納豆なんか作ってみたいですね。

自然栽培米の稲ワラと、自然栽培の大豆のみで作る、正真正銘の自然栽培稲ワラ納豆!

数年前に納豆づくりに挑戦した時の画像

他にも、念願だった自家栽培大豆での味噌づくりなど、大豆の収穫は何としても成功させたいです。

ここ数年、異常気象が続いてますが、難しいなりに経験を積んで、一歩づつ成長していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です