自家製いくらの醤油漬け

「ぷちぷちと弾ける旬の恵み」我が家は皆大好きなので、この時期のお楽しみとして仕込みます、器にこぼれんばかりのいくらをのせて、頬張ったときの至福さは食べたものにしかわかりません〜!!!

いくらに目がない娘は、5歳の頃からお手伝いして作っています。ということは・・・

とっても簡単で気軽に!かつ経済的に、材料を厳選して自宅で調理できる、作って損はないものなのです。赤い朱色の生筋子が手に入ったらぜひ作ってみてください!市販のものが買えなくなるかもしれませんよ!

冷凍もできるので、まとめて作って冷凍保存しておくのも良いですね!

※写真は5歳の頃、自分でいくらの醤油漬けを作っている娘です

(材料)

*生筋子・・・300g程度(赤黒くなく、全体が朱色で膜にハリがあるもの)

*酒…大さじ2

*本みりん…大さじ2

*醤油…大さじ2

*水…2リットル

*塩…大さじ1

(作り方)

①小鍋に酒、本みりんを入れ、アルコールを煮きり醤油を加えて冷ましておく

②鍋に40度程度のぬるま湯を用意し、塩を溶かす

③ボウルやバットに生筋子が浸かるほどの塩水を入れ、膜をはがす。塩水が白く濁りますが気にせず大丈夫です。上澄みと一緒に膜、すじを流す。新しい塩水を入れこの作業を3回ほど繰り返す

↓の写真の黒い血膜や白い皮を上澄みと一緒に流して取り除く

④ザルに上げしっかりと水気を切る

⑤清潔な保存容器に①の調味液を入れ、水気の切ったいくらを漬けて冷蔵庫で半日〜おけばできあがり

※冷蔵庫保存で1週間

※密封して冷凍保存で1ヶ月程度保存可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です