希少な国産にんにくの芽でつくる回鍋肉

私は今まで、店頭で『国産のにんにくの芽』を見かけたことがありません。それだけ希少なものなのですね。

今年は主人が『自然栽培にんにく』づくりに取り組んでいるので、私は初の国産にんにくの芽を頂いていますよ。

調べてみるとその栄養価にびっくりしました。にんにくほど臭みは無くいい事だらけです。

見つけたらぜひ食してみてくださいね。

にんにくでは摂取できないビタミンAが含まれ、カロテンと食物繊維も豊富に含まれ、さらには下処理もいらないので重宝します。

ここではご飯のおかずにぴったりな回鍋肉(ホイコーロー)を紹介します。肉の代わりに厚揚げや油揚げ、野菜のみでも美味しいです!

手作りの自家製だれは冷蔵庫に常備しておくと、手軽に炒めものが楽しめますよ!

忙しい時には香味野菜のみじん切り等の必要不可欠な工程が減るだけでもとてもありがたいなと思えてしまいます。

(材料)4人分

*春きゃべつ・・・半分

*にんにくの芽・・・1束(100g程度)

*ピーマン・・・2個

*豚バラ肉・・・200g

A*料理酒・・・大さじ1/2

A*塩コショウ・・・適量

A*片栗粉・・・大さじ1

※*自家製だれ・・・大さじ3(下記参照)

(作り方)

①豚バラ肉にAの下味をし、よくもみこんで5分おく

②春キャベツ、ピーマンは食べやすい4cmほどにざく切りにする。にんにくの芽は4.5cmに切る

③フライパンに米油を熱し①を炒め、肉の色が変わったら②を加えさっと炒める

④自家製だれ大さじ3〜(好みで調整)を加え全体を混ぜ合わせ完成

*自家製だれの作り方・冷蔵庫で1ヶ月保存可能

(材料)

A*味噌・・・300g(赤味噌が好ましい)

A*本みりん・・・300g

A*しょうゆ・・・80g

A*きび砂糖・・・80g(またはてんさい糖)

B*ごま油・・・30g

B*しょうが・・・30g(すりおろし)

(下準備)

・保存瓶を煮沸消毒し、水気をきっておく

(作り方)

①鍋にAの材料を入れ、焦げ付かないように混ぜながら中火〜弱火で15分〜ほど加熱する

②Bを①に加え弱火で加熱し、全体がなじんだら完成。下のように木べらで鍋底が見えるまで気長に加熱する熱いうちに保存瓶に入れ、熱が取れたら冷蔵庫で保管する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です