漬け込み不要!発酵チキン

発酵食品イコール、『仕込みが手間だし大変!』『長時間漬け込む必要があるんじゃないの?』という概念を持たれている方が結構いらっしゃいます

が、毎日の食事にそんなに手間をかけてられないのが実情ですよね。私も、なるべく簡単に調理したいと常々思い、実行しています。簡単じゃないと続かないという自身の性分を誰よりもわかっているからです。

今日は発酵食品のよしるを用い、(こちらナンプラーでも代用可能です)独特の発酵の匂いが苦手な方にも召し上がっていただける、

ごはんのおかずにも、おつまみにも、作りおきにも適した発酵チキンソテーを作ります。

【よしるとナンプラー】作られている国は違えど、

どちらも『いわし』と『塩』を発酵させて作られたものです。よしるは能登で、ナンプラーはタイで【かたくちいわし】を使い作らますが、気候風土も違う場所で発酵熟成されるので、香りや旨味に違いがあるのですね。

私は『よしるとナンプラー』どちらも好んで使うので、どちらを使っても美味しくいただけるのは実証済みです!!

これらがあまり出番がなかった調味料だったとしたら、普段の料理に使えたらレパートリーも広がっちゃいますね。

肉の旨味を味わって頂くため、今回は骨付き肉を使用しましたが、お弁当に持っていくには、食べやすさも考慮すると、

鶏のもも肉やささみが良いかと思います。その場合は焼き時間の調整をしてくださいね。

(材料)

*鶏手羽元・・・8本(もしくは手羽中16本)

*塩・・・小さじ1/2

*粗挽き黒こしょう・・・小さじ1〜(辛めが好きな方はたっぷりと)

*薄力粉・・・大さじ2

A*よしる(もしくはナンプラー)・・・大さじ2

A*はちみつ・・・大さじ4

*米油・・・大さじ1

(作り方)

①鶏手羽元に塩、粗挽き黒こしょうをもみこむ

②薄力粉をまんべんなくまぶす(この際ビニール袋を使うと飛び散らずまんべんなくついてよい)

③フライパンに油をしき、皮目を下にし2分ほど中火で焼き付け裏返し、蓋をして8分焼き、中まで火を通す(この際鶏肉をひっくり返すのは1度だけ。何度も返す作業をすると、皮が破れたり旨味が流れ出てしまう)

④Aを混ぜ合わせたものを③に回し入れ、ふつふつと調味液が沸騰したら完成!

※清潔な保存容器に入れ、冷蔵庫で保存も可能(3日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です